『貸倒』とは

『異動』が登録されていても、完済すれば『終了状況』には『完了』が登録されますが、遅延状態が長い間続き、金融機関が回収不能と判断した際に貸倒償却をおこなった場合に登録されます。

これは、回収の見込みが無い延滞債権を保有しておくことで、税金や借入れ金利がかかっていくためで、ほとんどの金融機関では債権ごとに見極めをおこなっています。

CICの情報保有期間は『契約期間中および取引終了日から5年間』と定義されていますので、『貸倒』が登録されればそれから5年後に『異動』などの情報も削除されることになります。

金融機関で長期の遅延をしている人の中には、消滅時効や貸倒となることを期待している人もいますが、金融機関はそう簡単に時効を消滅させたり貸倒償却をしたりはしません。

長期の遅延で連絡がつかない顧客に対しても、定期的に住民票を徴収したり、信用情報の申込情報を照会してりして、連絡先などを調査しています。

特に長期に渡って遅延している顧客というのは、最もたちが悪いと位置づけられていますから、何年も居場所を調査し続けることが多いのです。

『貸倒』を登録するまでの期間は、金融機関や債権の額などによって非常に流動的です。

ずるずると遅延を続けたり、夜逃げの状態を継続していたりしますと、『貸倒』が登録されるまでに10年近くかかった事例もあります。

それから削除されるまでにはさらに5年必要ですので、信用情報上借金を放置すると、回復までに非常に長い年月が必要になります。

自己破産による『貸倒』登録

自己破産を申し立てて免責になった場合、自己破産を示す文言は登録されませんが、『貸倒』を登録する金融機関が殆どです。

上で記述した放置の結果『貸倒』が登録されるのと、自己破産で『貸倒』が登録されるのとでは、『異動』情報の保有期間に大きな差がでます。

多重債務に悩まされる状況から,一日でも早い再出発を考えているのであれば、借金に向き合い、自己破産を含めた債務整理をすることが最善の方法です。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

<<「延滞解消/CIC」|「官報掲載情報/CIC」>>