記号の意味

CICの『入金状況』の欄には、数字とそれに対応する記号が登録されています。

例:

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
A A A A $ $ P - - - - $ $ $ P P P A A A A A A A

CICで定義されている入金状況の記号の意味は以下の通りです。

$ 当月の請求額またはそれ以上が入金
P 当月の請求額の一部が入金
A 顧客の事情で入金されていない 
- 当月の請求も入金も無い

記号の上に記されている数字は過去24ヶ月分の月を示し、左の数字が直近で、右に行くほど古くなります。

更新日やその期間は金融機関によってまちまち(1ヶ月~2ヶ月程度)のため、入金状況がすぐに反映するわけではありません。

審査と記号の関係

『$』と『-』については、通常入金と請求が発生していない状態ですので、審査にはなんら問題はありません。

『$』が連続していることは、利用中の金融機関のみならず、CICを参照している金融機関に支払い実績をアピールできていることになります。

過去24ヶ月の入金状況の中で、『A』や『P』などの正常入金以外の記号があると、その数と直近のものかどうかでクレジットカードなどの審査が変わってきます。

例えば、連続でないにせよ、『A』の数が多ければ多いほど、支払いがルーズと思われますし、それまで『$』が並んでいたのに直近2ヶ月で『A』が2つあれば、生計上急激な悪化が発生していると見られます。

逆に『A』や『P』が過去に登録されていても、直近12ヶ月は『$』が並んでいるような場合は、過去に多少の遅延があっても現在は回復している、と判断されます。

『A』が3回連続すれば原則『異動』が登録されることになりますから、大切なのは連続で遅延しないことや、断続的でも遅延の回数を増やさないことです。

ただし、借入れをしないと支払いができない場合は、近しい人から協力してもらうか、債務整理をする必要があります。

【PR】融資額800万円までのカードローン

  • 実質年率3.0%~18.0%

異動/CIC」>>