原因と対策

支払いが困難な人は別にして、支払いの意思は十分あるのに、引き落とし口座の残高不足で支払いを遅延する人は意外と多いものです。

主な原因としては、

  • 引き落とし日に予想外の口座引き落とし(クレジットカードの年会費など)による支払いが発生して残高が足りなくなった。
  • ショッピングクレジットやオートローンは、毎月請求書を発行しない金融機関が多いため、つい入金を忘れた。
  • 支払いの件数が多いため、その中の1件が計算からもれていた。

いずれにしても支払いの意思はあるのですから、「ついうっかり」で支払いを遅延するのは、以降のクレジットカードや融資の利用上、非常に損です。

対策としては、引き落としの前営業日までに余裕がある入金をしておくことが望ましいですが、それほどの余裕が無い場合は、家計簿ソフトなどを利用して請求書と照らし合わせながら請求金額をチェックしておくことが大切です。

ペナルティ

信販系クレジットカード・ショッピングクレジット・オートローン

融資メニューの中では比較的ペナルティが軽く、遅延損害金もかかりません(ただし、銀行の再振り替え手数料がかかる場合があります)し、数回の遅延程度では審査に影響がありません。

とは言っても、利用しているカード会社などの金融機関内には記録が残りますので、それが毎月であったり、短期間に何回も残高不足による支払い遅延が繰り返されたりすると、そのカード会社内で扱っている融資やクレジットカードなどの審査がやや厳しくなります。

少額のショッピングクレジットの申込みでも、再振り替えによる入金が確認されないと審査が下りないこともあります。

CICなどの信用情報機関には記録されませんが、ついうっかり支払いを遅延したら、同じ失敗は二度としないよう、注意しておかなければなりません。

銀行系クレジットカード・カードローン(信販系を含む)

信販・流通系のクレジットカードに対して、銀行系クレジットカードは残高不足による支払いの遅延に対しても非常に厳しく対応します。

信販・流通系では、残高不足による支払い遅延だけが原因でクレジットカードの利用停止になることは殆どありませんが、銀行系クレジットカードでは、2、3回でカードの利用が停止される場合があります。

同様に信販・流通系でも、キャッシング専用カードやカードローンの場合は限度額が残っていても新規貸付が停止されることもあります。

これは入金が確認されれば利用は可能になりますが、頻繁に繰り返すと利用限度額が引き下げられる(最悪無くなる場合もあります)こともあります。

ついうっかり残高不足で支払いが遅れた場合は、カード会社に連絡を入れて延滞したことを謝り、すぐに入金したい旨を伝えると心象が良くなります。

消費者金融

従来の消費者金融では、延滞日数が短い顧客に対して延滞金を利益として考えていたためにそれほど督促も厳しくありませんでした。

しかし現在では、グレーゾーン金利の撤廃で審査基準の引き締めや回収強化をおこなっている消費者金融が殆どです。

したがって今後は1ヶ月に満たない延滞でも、利用限度額の引き下げなどのペナルティが課せられる可能性があります。

【PR】債務整理中でもご相談を

  • 総量規制対象外のおまとめローン(200万円まで)で借り換えも可能
  • 実質年率7.30%~の金利で最大200万円のキャッシング

遅延1ヶ月」>>