ほぼ全ての信用情報機関に延滞情報が記録される

CIC・JICCでは、3ヶ月以上の延滞で延滞を示す『異動』が記録されると定義されていますが、KSCも同様に延滞情報が記録されます。

さらにCRINを通じてCIC・JICC・KSCに延滞情報が交流されます。

CIC・JICCは『異動』、KSCは『延滞』の情報が記録され、CRINで情報交流が行われると、利用中の金融機関内のみならず、同一の信用情報機関に加盟する他金融機関や、参照する信用情報機関が異なる金融機関での審査も、利用したことの有無にかかわらず確実に通らなくなってしまいます。

CICの『入金状況』やKSCの『取引情報』で他社の1ヶ月程度の延滞も把握できますが、それに比べて『異動』や『延滞』の情報は格段に厳しく見られます。

もともと『異動』や『延滞』の情報は3ヶ月以上のひどい延滞しか記録されない、という前提がありますので、利用中の金融機関はもちろんのこと、利用が無い同業他社でも審査に通ることはまずありません。

クレジットカードや消費者金融などの利用はほぼ絶望的と言わざるを得ない状況です。

対策

この段階になると、もはや自助努力での返済は不可能な場合が多く、自己破産や任意整理の債務整理をする必要があります。

自己破産や債務整理を早い段階で決断すれば、それだけ早く信用情報の回復が図れます。

一番良くないのは、債務を残したまま放置したり、夜逃げしたりすることです。

数年前まで、信用情報機関では『異動』や『延滞』など延滞情報の発生日から起算する保有期間でしたが、最近は『延滞が継続する期間』や、契約終了日から起算する形になっています。

したがって正常入金に戻すか、債務整理など何らかの方法で債務を処理しないと、10年以上も延滞情報が記録され続けることも決して珍しくはありません。

【PR】債務整理中でもご相談を

  • 総量規制対象外のおまとめローン(200万円まで)で借り換えも可能
  • 実質年率7.30%~の金利で最大200万円のキャッシング

<<「遅延2ヶ月