CICに異動(延滞情報)が記録される

CICの異動情報のうち、延滞情報の記録は、『約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払いが延滞した場合』と定義されています。

CICに加盟している消費者金融やクレジットカード会社によって異動情報が記録される延滞日数は異なる場合がありますが、ほとんどの場合は3ヶ月以上の延滞で記録されます。

ペナルティと対策

信販系クレジットカードも利用停止や強制退会

銀行系クレジットカードに比べて、ペナルティの基準が緩い信販系のクレジットカード会社でも、61日以上の延滞になった時点でカードの利用停止と回収を行います。

その後3ヶ月延滞になるまでに正常入金をしていけば、2ヶ月の遅延回数は1回で済みますから、1ヶ月遅延よりは時間がかかるにしても、その金融機関内でクレジットが契約できる可能性は0ではありません。

また、上記のようにCICに記録されていなければ、他の信用情報機関では3ヶ月以上の延滞した情報が記録されますので、他の金融機関でクレジット契約できる可能性はありますが、CICなどの入金状況で未入金を示す記号が記録されますので、原則数ヶ月以上は正常入金をするか、完済する必要があります。

2ヶ月までの延滞でしたら、早期に解決することで比較的短期間でクレジット契約ができるようになることがお分かりいただけると思います。

消費者金融・カードローンなどの融資契約

この段階になると、殆どの消費者金融などで一括請求が始まります。

もともと分割払いでも支払いが遅れているのに、一括請求をされても支払える見込みはなく、そのままずるずると3ヶ月の遅延になっていきます。

『払えないからどうしようもない』とあきらめるのではなく、後々の収入が回復する見込みがあれば、消費者金融と交渉して利息だけの入金にしてもらいましょう。

それすらも捻出できない場合は、債務整理を考えたほうがダメージが少なくて済みます。

【PR】パート・アルバイト、自営の方も可

  • パート・アルバイト、自営の方も申し込み可能
  • 1~500万円の融資額

<<「遅延1ヶ月」|「遅延3ヶ月」>>